稼げる愛人の年収はいくら?パパ活女性のライフスタイルの事例

愛人の平均年収はいくら?パパ活に成功した女性!平均年収と一週間のスケジュール!パパ男性の年収に稼げる援助額も比例します。私の愛人ライフスタイルを公開。
MENU

愛人の年収はいくら?パパ活に成功した女性!平均年収と一週間のスケジュール

愛人_年収

もしかしたら淡い期待・希望を持っている人がいるかも知れませんが、一人の男性の愛人って思ったより稼げないんです。

 

一番稼げるのは複数の愛人になるか、超がつくレベルでお金持ちの男性です。

 

やっぱ3人くらいの男性から援助を受ける生活が一番安定します。そのくらいになると毎月50万以上、平均年収で600万から800万円くらいで稼げます。

 

プラス自分の仕事による収入を加えるとかなり余裕のある生活ができます。

 

パパが1人いなくなると1人補充する感覚が理想かも。これがなかなかむずいんですけど・・

 

1人のパパに依存した生活は、余裕をなくすし意見を言うこともできなくなる。ただ、パパを作り過ぎてもダメ。自分らしさを失わない愛人生活には3人が限度という感じかな。

 

そして、稼げているうちに貯金は重要です。

 

毎月10万やそこらで生活を独占されたら私なら嫌です。

 

実際50万以上を毎月ポンポンくれるようなリッチな男性中々見つける事ができません。それこそ出会い系サイトとかじゃなくて、もって高級クラブとかに行かないと無理でしょうし、容姿端麗で美意識が高くておしゃれも気遣いも徹底して磨き上げるレベルじゃないと厳しいと思います。

 

でも、単発の収入って結構あるんですよ。1回の出会いにつき10〜30万円の援助を受けたり、高価なプレゼントもくれます。この辺をプラスすると、かなり豊かな感じになってゆきます。

 

愛人が貰う「気持ち」のお小遣いを月収・年収として話をすると、多分一番多い愛人の金額は月に10万〜30万前後。この辺は一般的な愛人の相場にもよります。

 

パパ男性の年収別の愛人収入票

愛人の年収はパパ男性の年収に比例・依存します。単純にパパ男性の収入が多いほど愛人に降りてくるお金の量は多いという話。ただ、人によっては高い年収でも少ししかお小遣いをくれないパパ男性もいるんですけどね。以下がざっと愛人年収表ですが100%私の肌感覚です。基本は年収500万〜700万くらいの男性が多いです。

 

年収400万 月2〜4万
年収600万 月5〜7万
年収800万 月10万前後
年収1000万 月10〜20万
年収5000万以上 月100万〜

 

ポイントはいかに年収が1000万以上のパパ男性の愛人になるか?という事だと思います。

 

目指すところはやっぱり年収5000万円以上の超お金持ちの愛人パパの会社の幽霊社員に収まって給料を貰い続けることです。

 

年収400万でも愛人を持つ男性もいる

ちょっと衝撃的な記事を見付けてしまいました。私はサイトを利用して年収1000万以上のパパ男性の愛人になった事もありますが、今では愛人の価格もデフレ傾向にあるようです。

 

「普通以下の年収でも愛人なんて簡単に囲えますよ」と話すのは、食品関連会社に勤める浜本英二さん(仮名・42歳)。年収は450万円程度だ。浜本さんは途中ブランクを挟むものの、年間3人ほどの愛人を回しているという。一人当たり食事代含め月3万円ほど。

 

日刊SPA! 低年収でも“愛人を安く囲う”方法

 

こういう低い愛人金額は、愛人になっている女性にも原因があると思います。

 

そもそもそんなにお金が欲しいわけではない、軽い気持ちの愛人であったり、記事の中である「実家暮らしの女性」や「安い賃金で働くフリーター女性」などは安くても満足してしまうのではないでしょうか?

 

ほんとにそれでいいのかな…?

 

自分が愛人になって長かったり、何だかんだ愛人にハマって男性のお世話になったりしてると、案外高い金額で見合ってるような気もしてきたりします。結構まじめに、お金を貰う時にその金額と対等の愛情や気遣いを注ぐつもりで接しています。

 

「愛人女性としての年収」は人によってどのくらいを目標設定して実行するかは人によるかも知れません。だから別に違って良いとは思いますが、金額に見合った人間になるような気もするなぁと思ったりします。

 

人それぞれですが。

 

週1の出会い!私の愛人ライフの一週間のスケジュール

年収3000万以上の社長との出会いによる愛人生活のスケジュールの事例を教えますね。

 

私のパパ活により、愛人生活がスタートした時。その生活は大きく変化しました。「年収」と言うぐらい大きな収入の軸になっている時もありました。正直月に20万ももらったら働かなくても暮らしていけてしまいます。愛人生活だけで月50万を稼ぐ生活なら働くことができなくなっちゃう。

 

だから私は月に10〜20万円の援助額が一番適度で良いと思ってます。

 

愛人生活だけで多額のお金を稼ぐには、それなりに自分の生活を犠牲にすることになるから。

 

月曜日 仕事/夜はパパとデートの時間を確保
火曜日 仕事
水曜日 仕事
木曜日 仕事
金曜日 仕事/夜はパパとデートの時間を確保
土曜日 自分の時間/昼間はパパとデートの時間を確保
日曜日 自分の時間

 

基本的には会うのは週に1回と決めていました。

 

3ヶ月に1回くらいは週末に国内旅行などを楽しみます。

 

こういう愛人生活で月に20〜30万を貰っていました。週に1回の逢瀬の時間がちょうどいいです。それくらいの距離感がホントちょうどいいんです。もしも、復数のパパができても対応できるし、自分の生活にも余裕が出ます。

 

愛人は飽きられない距離感が大切。この距離感を間違えると関係が短期で終わります。

 

パパから連絡が来る以外は、なるべく自分からは連絡はしないようにしました。

 

自分が都合の良い時だけ会いたいという男性の心理を理解することは大切。

 

仕事以外で長期的に最大30万の収入が続くという状態はかなり助かってます。

 

お金を貰っても愛人は女を磨く

私は愛人としてお金を貰っても、彼のために良いサービスを出来るように頑張ります。つまる所「女磨き」ってやつですね。エステに行ったり、ヘアサロンに行ったり、姿勢の矯正セミナーに参加した事もあります。

 

たまにささやかなプレゼントを渡すと倍返しでかえってきます。

 

愛人を維持するのも一苦労…

 

でもお金はとても大事だと思いました。パパ男性にはとても感謝しています。ひたすらお金のために!というより、男性を楽しませて、私も前進するように女として生きていると私は思っていました。


掲示板の選び方・使い方

パパを募集するには?

愛人契約で抑えておくこと

愛人生活のメリット

愛人募集の事例

当サイト管理人

このページの先頭へ